Archive for 2月, 2015

27
2月

定期保険と積立保険はどう違う

保険には幾つもの種類があります。細分化すれば非常に多い分類を行うことが出来ますが、ここではその中でも最も大きな分類法について見ていきましょう。保険は「定期保険」と「積立保険」に分類することが出来る、というのがここの主旨です。まず、定期保険について見ていきましょう。定期保険というのは、契約の時点において保険の期間が決まっている保険で、かつ、期間満了時に返戻金の制度がないもの、をいいます。より分かりやすくいうのであれば「掛け捨て保険」です。 この保険は掛け捨てという言い方がどうにもイメージが悪いのですが、純粋に保険効果を購入している商品だと考えれば寧ろ効果的であると言えます。 対して積立預金というのは、自分が支払った保険料というのが無駄にならない仕組みとなっています。例えば積立保険の一つ、終身保険においては、自分の支払った保険料は少なくとも全額保険金として扱われることになるためです。養老保険の場合には、死亡時だけではなく、満期の際にも返戻金として受け取ることが出来るようになっています。 ただし、こちらの保険については保険料が高めに設定されている、という問題もあります。また、特約などを付けるとその費用部分は掛け捨てとなります。

free blog themes
Free Blog Themes/Templates